TOP > 商品紹介ブログ ココモ読んでや! > 商品紹介ブログ - ロケット鉛筆って知ってはります?
商品紹介ブログ ココモ読んでや!!

ロケット鉛筆って知ってはります?

2013.9.9


大阪と言えばたこ焼き。
荒くたい言い方をすれば大阪と書いて、たこ焼きとルビを振って読んでもいいかも知れません(その逆も可)。

発祥は諸説いろいろありますが、兵庫県の名物明石焼き(現地では玉子焼きと言われてる)と大阪の駄菓子的食べ物ちょぼ焼きが融合したとか、漫画『美味しんぼ』でも紹介された大阪の玉出にある『会津屋』が昭和初期に生み出したラジオ焼きを進化させたのが原点であるとかありますけど、大阪で生まれたソウルフードであることは確か。

そんなたこ焼きは、大阪のおみやげのキーワードとしても欠かせないものになってまして、数えきれないほどのアイテムが作られています。

今回紹介したいのは、新商品の『たこ焼きロケット鉛筆』(378円)。

ロケット鉛筆って覚えてはります?
鉛筆の長さのプラスティックの円筒状のケースに、小さな同じくプラスティックで支えられた鉛筆の芯が入っていて、書いてるうちに芯が丸くなると、その丸くなったパーツを引き抜き、ケースの後ろ側からそのパーツを入れ押し出すことで、次の新しい尖った芯が出てくるという文房具。

1970年代でしょうか、鉛筆を小刀などで削るのは危ない、かといってシャープペンシルはまだ値段が高いと言われていた狭間の時代に生まれたもので小学校などでは女子たちの間でよく流行っていました。
その押し出し感は人気でしたが、中の芯パーツをひとつでもなくすと押し出せないので機能しないという欠点があり、がさつな男子の間では人気はもひとつでした。

そんな最近あまり見けなくなったスメル・オブ・昭和なロケット鉛筆ですが、おみやげもん横丁でたこ焼き型となって店頭に並んでます。
21世紀型!?はリアルにソース青のりまでペイントされたたこ焼き自体が繋がっていて、単体でも使うことができるのです(書きにくいですが)。

繋がったままでも使うも良し、「たこ焼き型の鉛筆、もしよかったら使って」と一つ一つ分けておみやげとしてあげてもいいかもです(若干、人間性を問われるかもですが…)。

109 件の投稿
店舗ナビ
なんばグランド花月店

なんばグランド花月
大阪市中央区難波千日前11-6

TEL: 06-6648-4678

新世界店

大阪市浪速区恵美須東2丁目7-2

TEL: 06-6634-0606